いつも盛大?なお見送りの米子 @美保 190602




画像



 米子発羽田行きの NH388(便),B767-300 からの出発時の風景であります。

 手前に機体のハンドリングをしていた人が2人、お手振り~お辞儀をしてくれて
 いるのですが、後方のターミナルとエプロン地区の境目でもグランドスタッフが
 お手振りをしてくれているのでした。


 今回は7人がエプロン手前で :


画像


 昼の便の出発で、13人が「お手振り」していたのが今まで見た中での「最高記録」
 なのですが、まあその時どれだけ「手が空いた」人がいるかで人数は変わるのかと。


 お辞儀のタイミングは人それぞれ(笑) :


画像


 まだ手を振っている人もいるし、お辞儀をしている人もいるしで、この辺は
 それぞれの人で判断しているようであります(笑)。


 羽田では考えられない(というか無理だろう)、盛大なお見送り(自爆)。

 米子の出発は右側席で「決まり」かと(笑)。

 (何度も書くけど)このライン、「早割」などの安いチケットでは窓際席が取れない
 ようになった(怒)。

 今回は出発の前日にシートマップを見て、1席だけ窓際席が空いていたのを見て
 座席変更したのでした。


 (独り言) :

 米子便はこのラインだけが就航なので仕方ないが、他の路線は他のラインから
 Webページ見るようにしよう。


 お客の消えた美保基地エプロン地区 :


画像


 航空祭も終了し、お客も追い出し、片付け&清掃の時間の美保基地であります。


 早くも「部品取り」の機体が出た C-2 68-1204(号機) :


画像


 ラダーがない。その他、片側の後方のフラップ、背面のパネルもない。
 水平尾翼の防氷ブーツも数カ所ナイ(号泣)。

 部品取り,“ハンガークイーン”の #204 は、機番から2016年度納入の機体。
 わずか3年で部品取りとは・・・(涙)。

 空自さん、もうちょっとロジスティックにもお金かけましょうよ。

 部品供給体制に「難あり」。平時で、日本国内でこういう機体が出るのは・・・。


 米子RWY07 を離陸する NH388 :


画像


 滑走路が延長されたため、道路も付け変えられ、右下に伸びていた旧道は左下
 方向に大きくカーブして RWY を迂回するのであります。

 ちょっと分かりにくいのですが、JR境線の線路も新道?に沿って迂回するように
 敷き直され、旧道との交差部分でカーブし、そこで新道と離れるのであります。


 この後は「晴れていれば」風光明媚なエンルート。

 ちょっと白っぽい空で「残念」な箇所もあったのですが、それはまた後の機会に
 アップしようと思うトコロであります。





 おあとがよろしいようで。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック