地球防衛軍司令部航空隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとびっくりしたオープニング @Chino 180506

<<   作成日時 : 2018/06/29 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




画像



 Chino RWY8L を離陸する、P-47B Thunderbolt であります。

 チノ・エアショー2018 であります。

 オープニングに向け、先に離陸していった C-47 に続いて
 戦闘機が数機、離陸していったのでした。


 P-38 Lightning の離陸 :


画像


 P-38 って、平べったいんだよぉ〜、と訴えたかったので、
 普段は使わないようなコマをば。


 上空でデモ待機中 の C-47 Skytrain :


画像


 左舷のドアが開いているので、落下傘降下をするのかな?と
 思われたコマであります。

 普段は近所の Riverside(RAL)に置かれている“D-Day Doll”で
 ありますが、エアショーがあると、このエリア一帯に「出没」する
 機体なのでした。


 戦闘機隊と C-47 は別行動 :


画像


 戦闘機は先の P-47B,P-47D の2機に、P-38 各型×3機の5機が
 傘型編隊を組み、別のデモをするように見えたのであります。


 降下開始! :


画像


 日本でいつも見ていた、C-1 や C-130 からの降下に比べると
 少し間隔が開いているようにも思ったのですが、速度が遅いから
 この位はあけるのかなぁ、など思い直したのでした。


 ミッシングマン・フォーメーション,開始・・・って、えっ!? :


画像


 パラシュートがフレームの中に入ってきて“ドキッ!”であります。


 あぶなーいっ・・・!? :


画像


 望遠レンズで遠近感が圧縮されているので、ナンカとっても危ない
 感じもするんだけど、パラシュートは戦闘機隊より上方で、さらに
 後方で降下しているのでしょう。


 でもやっぱり、あぶな〜い!?・・・な感じ :


画像


 この辺は、やっぱり日本人と、この国の人の感覚の差なんだろうな〜。

 戦闘機はパラシュートの下方で、通り過ぎてクリアした位置でブレーク
 しているのだけど、日本だったら絶対、同時にデモはさせないだろうと
 確信するのでした(笑)。


 まあその辺、視認してセパレーションがとれているならノープロブレム
 と考えられる人たち、いや何かあったらどうするんだ、と考える人たち
 の間には、接点はないであろうと思われ・・・。


 このあたり、某国で民間航空が根付かない一因になっているのかも・(涙)。




 おあとがよろしいようで。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとびっくりしたオープニング @Chino 180506 地球防衛軍司令部航空隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる