地球防衛軍司令部航空隊

アクセスカウンタ

zoom RSS F-22A RAPTOR の発進 @BFI 170804

<<   作成日時 : 2017/11/14 23:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




画像



 BFI(:Boeing-Field),RWY31Lから離陸滑走を開始した、
 F-22A / AF #04069 であります。

 Seafair-Airshow のフライトデモに向かうところで、BFIから発進、
 隣のレイク・ワシントンに向かうので、派手なことはしないかな?と
 思いつつの撮影なのでした。


 前輪の浮くのが早い :


画像


 F-22A は翼が大きく、翼面荷重が小さいので浮くのは早いのですが、
 さらに前縁スラット+後縁フラップの高揚力装置、加えて水平尾翼が
 充分に後方にあって大面積なので、ホントにすぐに浮くのでした。


 それでも抑え気味の離陸 :


画像


 以前のエアショーでは、この辺で速度は遅いけど急角度で「ゆっくり」
 じわじわ上昇していくデモ
を見たので、強力なエンジン出力もこの
 短距離離陸性能に大きく寄与しているのでした。


 うん、ぜんぜんおとなしい離陸 :


画像


 この辺でもまだ主脚が浮いていないし、何もしないなと思い始めた
 エセマニアなのでした(笑)。


 あ〜っ!ずる〜い!(笑) :


画像


 向こう側の建物の屋上、高所作業用のゴンドラに乗って見ている人たち、
 役得というか、職権乱用?というか、誠にうらやましい見物環境(自爆)。


 まあでも、ゴンドラはちょっと怖そうだ。うらやましくないzo(失笑)。


 この後、画面左(外)の建物に機体が隠れたので、カメラを降ろしたら、
 建物の向こうで、F-22A はほぼ垂直上昇していったのでした(がっでむ)。


 デモから帰ってきた F-22A のP :


画像


 お疲れ様でした。


 この F-22A は、ステルス性を高めるために、キャノピーには特殊な
 コーティングが施されているそうな。

 そのせいで、キャノピーの透明度は高くないので、有視界の戦闘には
 ちょっとハンデになる可能性もあるのかな?とも思うのでした。


 まあでも、有視界外の遠距離からステルス性を生かし、先制攻撃する
 戦闘機なので、余り問題ではないのかも。


 それより、この F-22A より確実に機動性の劣る F-35A を装備する
 某国は、「撃たれるまで撃っちゃダメ」なんて規則により、ステルス性を
 生かせる戦い方ができるのか?大いに憂慮するのでした。


 全くもって、大きなお世話なのでしょうが(自爆)。




 おあとがよろしいようで。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F-22A RAPTOR の発進 @BFI 170804 地球防衛軍司令部航空隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる